AORバー店主の優雅な日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 一筆啓上 スターが見えた

<<   作成日時 : 2017/02/07 15:57   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


昨日は開店時間を30分遅らさせていただきました。



出かけていた先はブリから徒歩10分ほどの「横浜シネマリン」、
昨年『築地ワンダーランド』や『THE BEATLES EIGHT DAYS A WEEK』
を観た劇場です。



この日の出し物はこちら。

画像



















没後1年経ったタイミングで大回顧展が企画されるなど、
今も変わらぬ影響力を持つ人ですね。



正直自分はファンというところまでの関心や知識はないのですが、
このジギー・スターダストツアーがロック史における重要な出来事
であるのは論を俟たないところ。
それを劇場のスクリーンと音響で、しかも¥1,000で(月曜は男性
割引あり)、さらには歩いて10分の場所で体験できるという
「安・近・短」、これは見逃すにはもったいない。



ワタシなどが語るのもアレですが、Bowie は時期によって
まったくスタイルが異なる人。このツアー時はキャリア前期を
代表するグラムロック時代で、ジェンダーの枠を超えたメイクや
衣裳(ご存知山本寛斎)が強烈なインパクトです。
その一方でサウンド面では(今まであまりきちんと聴いたことが
ない自分としては)さほど奇を衒わないギターロックという印象。
ソロでも活躍しただけあり、ギタリストの Mick Ronson には
スター性を感じました。



当時のBowieは26歳、本作が収録されたツアー最終日のこの日
にステージ上でバンドの解散を発表、次のステージに進むことに
なるわけです。そうしたセルフプロデュース能力もパフォーマンスも
含めこの年齢であのカリスマ性、洋も邦も俳優もミュージシャンも、
昔の20代は今よりずっと大人だったと言えるのでは。



料金お得でちょっとマニアックな作品を取り上げる「横浜シネマリン」、
今後もお世話になりそうです。
ちなみにブリでBowieさんはちょっとかかりませんのでご了承を^_^;



今週土曜(2/11・祝日)は通常営業です。

よろしくお願い致します。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
一筆啓上 スターが見えた AORバー店主の優雅な日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる