テーマ:ブラック

一筆啓上 大作が見えた

以前SNSではちょっと触れたことがあるのですが。 「ブラック・ミュージック研究の第一人者による  80年代プロデューサー名鑑決定版!!」 なる本が出ました。 細田日出夫名義でも知られるJAM氏著、 かつてブラック・ミュージック・リヴューに連…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あんたこのワンパターンをどう思う

(ネタバレを含みます) 何度来日しても、ステージ構成が大きく変わらない アーティストというのはいるもので…(笑) 昨夜はBillboard LIVE での Ray Parker Jr. & Raydio の ライヴに足を運びました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ナマ」はイイですね。

昨夜は六本木にてライヴ鑑賞。 5/5 の Ned Doheny で足を運んだばかりの Billboard、 今度はニューオリンズの代表選手、The Funky Meters の公演でした。 正直この分野には疎く、メンバーやレパートリーも ろくに知らないまま足を運んだのですが、それはなぜか と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最後のGeorge Duke

また一つ、悲しい報せが。 まだ67歳だったそうで… 最近発表されたばかりの新作もたぶん 病魔と闘いながらの制作だったのでしょう。 そうした現役バリバリのアーティストであり、 また彼の巨体や風貌から受ける陽気なイメージもあっただけに なおさらショッキングでした。 一度だけ生の演奏を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

おっさん Needs Love ( Just Like You Do )

昨日はお休みをいただきまして、 平日ライヴ参戦でした。 フェイヴァリット・アーティストの三本指には 間違いなく入る、この人。 (以下多少ネタバレ) 今回は「Ray Parker Jr. & Raydio ~ REUNION」 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ソウルシンガー3名揃い踏み

昨夜、ひっさしブリのBillboard LIVE でした。 ここ1、2年、COTTON CLUB に行く機会はあれど 六本木はご無沙汰してまして… Alexander O'Neal with Cherrelle 、さらにどういうつながりか Ang…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

この時期恒例の

David T. Walkerのライヴに行ってきました。 六本木のBillboard LIVE。 秋冬にアルバムを出して来日公演、という流れは もう3年連続くらいでしょうか。 去年観たから今回はいいかな、という気持ちでいましたが やはり思い直し参戦して、大正解。 聴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歌う女たらし

一昨年11月以来、COTTON CLUBに Ray Parker Jr.が帰ってきました。 Jack & Jill・・・ You Can’t Change That・・・ A Woman Needs Love・・・ It’s Time To Party Now・・・ …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

35年後の天使のささやき

自分にしては珍しく、70sソウルのライヴへ。 地元Motion BlueでのThree Degrees、 この会場では1日限りの公演です。 知ってるナンバーは数曲だけですし、 招待券を頂いたので足を運んだような 次第ですがこれが予想以上に楽しめました。 オープニングはMichael追悼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遂に怪鳥も行ったThis Is It

この映画に関する日記はもう お腹いっぱいよ、という方も 多いことでしょう・・・ ですので、クドクド感想を 述べるのは控えます。 ただ「観ました」という ご報告のみにて。 MJ偉大なり、でしょうか。 多少なりとも興味のある方は 是非、とだけ申し上げて おきましょう。 そうそう、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メロウ大王に謁見

しかし・・・ 誰が言い出したかね? 「帝王」とか 「キング・オブ・●●」なら まだ人間ぽいけど 「大王」って・・・ 地獄の閻魔様みたい。 日曜、Leon Wareのライヴに行ってきました。 過去にも来日はあったようですが、東京は初めてなのだそうです。 セットリストは動…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

女性には愛が必要なのさ(君がそうであるようにね)

約1ヶ月半の間に、二度も ライヴに足を運んでしまい ました。 9月下旬のChuck Mangione と同じく丸の内のCotton Club、今回のアーティストは ブラコンといえばこの人、の Ray Parker, Jr.です。 すでに全公演が終了して いますので、以下ネタバレを 含みます…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

史上最高のコンピ(独断)

零細バーのお気楽日記 とはいえ(笑) 書いてることに多少は? 責任を持ちたいものです。 以前フリーソウルをネタに した際、「もっといいコンピ があるので後日ご紹介」 みたいなことを書き、 そのままになっていました ので、あらためてとりあげて みます。 今から12年前の’93年に複数メーカー…
トラックバック:0
コメント:21

続きを読むread more

お買い物明細

店に置きっぱなしにしてた CDをとりあえず持ち帰り。 (経緯は前回日記を) しかし計30枚超のアナログ は重いのでそのまま。 徒歩で持ち帰るのは結構 ホネです。 前回も書いたように ベタなメジャー盤ばかり なので、明細アップは やめときます。 きっと皆さん読んでも大して面白くないですよ(笑…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

9/23のお買い物

またまた三連休進行中。 関東は悪天候ですが、皆様 いかがお過ごしでしょうか・・・ この三日間は、某大手CD チェーン店で、W-POINT セールなるものが展開されて ます。 そのチェーンの渋谷店が 現在ある新店舗に移転して 10年、それを記念してのもの なんだとか。 ほぉ、もう10…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

意味もなく ’88年ブラコン特集

ふと思い立ち、1988年に 発表されたブラック・ ミュージックのアルバム ばかりで選曲を固めて みた。 ’88年は店主の学生生活 最後の年であり、 (’89年4月に就職) そういう意味でちょっとした 思い入れがある。 ボズ・スキャッグス久々のカムバックはあったものの、 まだAORシーンに目立っ…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

7/12の「この一枚」。

数日ぶりに「延長」も営業中の痛飲もなく、 始発を待たずに歩いて帰宅しました。 疲れてないのはいいんですが、それだけヒマだった ということで、売り上げ的には「ショボーン」でした。 さてはみんなボーナスもらって豪遊してんのか? さて、この日の一枚は 「THE TWO OF US / RAMSEY LEWIS &  NA…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

7/7プレイリストより一枚。

痴漢騒動のショックから立ち直り(笑。前回参照)、 中一日おいての復活です。 あ~こんなのあったよなぁ、の一枚、 ZANの同名アルバム。 GUYのテディ・ライリーや、そのGUYのデビューにも 関与したジーン・グリフィンがバックアップしてます。 「HOUSE YOU」「FIGHT THE FUNK」といった アップナンバ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

雨の日曜日。

横浜は夕方から本格的に降り始め、一晩たって夜が明けても まだ雨が降り続いてます。 サラリーマンの姿がない日曜夜の野毛は、ただでさえ人通りが 少ないのに(日曜を定休日にしている飲食店も多いようです)、 その上この天気では完全に客足はパタッ・・・ 店主は意に介さず(笑)「ひとりルーサー追悼特集」を 敢行しました。 ’80年…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more