テーマ:AOR

あんたこの花火炸裂をどう思う

お盆ウィーク、皆様いかがおすごしでしょうか。 いつも通りに働く自分はさしずめ 「こぼん」といったところか(古)。 昨日の祝日は数年ブリに神宮球場へ。 昨シーズンはまるまるご無沙汰だったけど、いつ以来かな? 外苑前駅からの道中、建設中の新国立競技場らしきものも 視界に入り、この地域が大きく変わりつつあること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安価にて候

久しブリに中古店訪問。 最近は欲しいものを決めてネットで狙い撃ち、が多く こうして店頭を冷やかすことも稀に。 安く見つかったら買おうと思っていたブツが何枚か あったので、ついプチ暴走購入。 でもこれでトータル¥1,700だから罪悪感は薄く(笑) 80年代後半から90年代前半、AORの沈滞~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たまには真面目に語ったりもするのか?

昨日、数少ない休日も音楽関連イヴェントのハシゴでした。 月~土が連日音楽漬けなのに、残りの1日も結局音楽。 NO MUSIC、NO LIFEとは誰が考えたコピーなのか。 まずは京浜急行の能見台、ここは初めて訪れる街です。 昨年秋にオープンしたばかりだというカフェバーの 「KEITH」さんは、ヘアサロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

229ページは何時間で読めるのか?

久しブリの日記となってしまいました。 寒暖の差が大きく、どうも体の調子が狂うここ最近です。 さて、気になる出版物が出ました。 中田利樹氏が定期的に刊行している『AOR AGE』の特別版で、 もうすぐ来日するTOTO…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一筆啓上 見たこともないものが見えた

土曜は途中まで貸し切り営業とさせていただきました。 入店をお断りせざるを得なかった方、 本当に申し訳ありませんでした。 貸し切りメンバーはこだわらない人たちだし、 もう混ぜちゃっても構わない雰囲気ではあったのですが、 最初が会費制だったりして一般の方が混在すると不公平感も? などとこちら側はいろいろ考えてしまうわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あんたこの36曲をどう思う

3連休中日の1/13、恒例のAORセッション (新中野・弁天)でした。 mixi のAORコミュで企画され、回を重ねて今やVol.12。 歌も楽器もやらない自分も司会の一人として近年 関わらせていただき、皆さんのAOR演奏をたっぷり浴びる 時間を過ごす、これが年明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一筆啓上 特濃マニアが見えた

最近、自分の周りでいわゆるDJイヴェントが盛んです。 プロではなく音楽業界人さんやリスナーさん、 果てはミュージシャンの方までもがスピンして、 いい意味で仲間うちで楽しむ軽いノリのもの。 ジャンルもAOR、ソウル、和モノといろいろあり、 「回す」魅力に憑りつかれている方も増えているご様子。 そのほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一筆啓上 あの頃が見えた

各地で様々な想いが交錯した3月11日。 花粉にまみれながら初めての駅に降り立ちました。 「今日は上大岡に来てます。  横浜からは近いんですが、実は初めてなんですよ。  駅自体は大きくて周辺も賑やかです。  でも少し足を伸ばすと静かな雰囲気で、  いいお店がありそうなんですよね。  では、ちょっと行っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一筆啓上 お墨付きが見えた

ぴょんちゃん、連日盛り上がりを見せていますね。 しかし違う話を書きます(笑) 1/13付のこのブログで、日本のスタジオミュージシャン 山田秀俊さんの自主制作アルバムをご紹介させて いただきました。 http://breezin.at.webry.info/201801/article_5.html …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再発無用

こういう仕事をしてますと、お客様からCDRの音源を いただくことが時々あります。 主に自作のコンピで、特にクリスマスものなどは 店で流すのに重宝するのですが、それ以外に 未CD化アルバムを「焼いて」下さる方も。 先日CDの山の中から「おお、そういえば」という感じで これが出て来ました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あんたこの濃厚な週末をどう思う

昨日は今年2度目のLIVEにお出かけ。 Billboard のBobby Caldwell、個人的には8年ブリくらいの 久々参戦でした。毎年必ず来日(近年は年2回!)してくれる 人ですが、日曜公演がなかなかなくて見送り続けていたので。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あんたこの隠れた好盤をどう思う

皆さん「山田秀俊」という名前に聞き覚えは あるでしょうか? 自分はピアノ奏者ということと合わせて記憶をたどった ところ、ああ、濱田金吾さんのバックを務めていた人だ、と 思い至りました。 和モノにあまり詳しくない自分の知識はしょせんその程度 ですが、AORリスナーにはAB'S のメンバーとして認識 している方も多…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

一筆啓上 AOR愛が見えた

今年で第11回を迎えた恒例イヴェント、 「AORセッション」に参加してまいりました。 mixi のコミュニティから発生した催しで、 いわゆるバンドのLIVEと大きく違う点は ・ 一曲一曲がすべて異なる組み合わせのメンバーでの演奏  (しかもそれが30数曲) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あんたこのAOR愛をどう思う

おなじみ関西の雄、Osaka AOR Project。 おなじみでない、という方はこちらをどうぞ。 http://osakaaorproject.music.coocan.jp/ これまでライヴのお客さんへのお土産として、A…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の夜長にAORまみれをどうぞ

知らない町に初めて降りた。 池袋のお隣、要町のソウルバー「Philly's」さんで、 5時間AORをかけ続けるという濃いイヴェント。 DJの中田利樹さんはこの気候にもかかわらず いつものアロハ、さすがです。 長丁場なのに飽きさせないポイントは 定番とレア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こちらもたぶん世界に一つだけ

ここを読んでいただいてるくらいなら、 おそらくご存知ない方はいないでしょう。 SUPERVISED by TOSHIKI NAKADAさんの『AOR AGE』。 先日発売のvol. 7 はスティーヴン・ビショップのデビュー作 『ケアレス』がメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界に一つだけのカレンダー復活

知る人ぞ知る関西のマニア集団、「Osaka AOR Project」さん。 http://osakaaorproject.music.coocan.jp/ ライヴの度にお客さんをニヤリとさせるお土産をご用意 されることでも有名でして、先日5/5にはこんな素敵なものが 配られたとのこと、足を運べなかった当方にもおす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あんたこの36曲をどう思う

底冷えの日曜、それを吹き飛ばすアツい催しに お邪魔してきました。 かねてより存在は承知しておりましたが 初めて体験する「AOR SESSION」。 回を重ね今回はVol. 10 とのこと。 自分は楽器演奏も歌も出来ないの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あんたこの生AORをどう思う

10月に続き、今月もAORのカヴァーライヴを 拝見する機会に恵まれました。 そもそもはブリの常連さんが今回のメンバー、 遠山さんとお知り合いというご縁でお誘いいただいた もので、おなじみのナンバーの数々を一級の演奏、 歌唱で楽しむという誠に贅沢な一夜。 名付けて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

草の根AOR

まさに芸術の秋。 この日曜は自分の交友関係内でも複数の音楽イベントが あり、「人生が二度」ならぬ「人体が三個あれば」状態に。 考えた上で足が向かったのは、日頃ほとんど無縁の街、 三軒茶屋でした。 「秋のAOR祭り」という3バンド出演の催しで、 特にトップバッターのOut Of Boundsはヴォーカル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TOKYO AOR CRUISE

皆さん、このイヴェントのことはご存知でしたよね。 https://www.symphony-cruise.co.jp/event/16sum_tokyoaorcruise/ 実は行って来たんです、ギリギリまで迷って(笑) AOR全盛期にも、その後のバブル時代にもなかったであろう ゴージャスな催し、話のネタにもよか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こちらはちゃんとした2世

関西の某・元工作員さんから久しブリにご連絡を いただいたのが数日前。 「息子が横浜に行く用事があり、5日にそちらのお店に  寄ります。AOR好きなのでよろしく」云々。 ワタシらがいろいろ「工作」していたのがもう20年前、 それからすれば息子さんがお酒を飲める齢になっていて 何ら驚くこともないわけで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒いビニールの誘惑

日曜日、音楽マニア臭ぷんぷんなイヴェントを ハシゴしてきました。 まずは横浜。 湘南ビーチFMの選曲やレコードコレクターズ誌への 寄稿などでご活躍、人見欣幸さんが主宰する 「音楽あれこれ Vol. 3」。 今回はライヴアルバムを大音量で楽しむという趣向です。 会場もそのものズバリのライヴハウスですのでムード…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

露出しました

皆さんおなじみ、中田利樹さんの『 AOR AGE 』。 めでたくVol. 4 が発売となり、今回は1冊お送りいただきました。 そのココロは…TOTO についてのアンケートで拙文を掲載して いただいたからなのです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ハワイ>ディスコ」な気分だったので

ひっさびさ、洋モノのライヴに参戦してきました。 これまでなかなかタイミングが合わず見送り続けてきた 「KALAPANA」、実は今回がお初。 空梅雨な今年、この日も真夏の暑さで 2nd ステージ開演前 でもこの明るさ…いい感じです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Patti Austin Live

もう20数年ブリでしょうか。 久々にナマでこの人の歌声に触れました。 前回はたしか恵比寿ガーデンプレイスのオープニング イベントみたいな形でした。やっぱり90年代半ばだな。 当時はすごい恰幅で、口の悪い仲間うちでは 「箪笥」(!)と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青い唐辛子が見る夢は

僕はジャパニーズポップスの未来を見た。 その名はブルー・ペパーズ。 お前はスプリングスティーンのライヴを観た ジョン・ランドウか?! とツッコまれてしまいそう… でも、そこまで言いたくなるようなニューカマーの登場です。 まだまだシティ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音楽を「読む」愉しみ

ある特定のジャンルやミュージシャンが好きになると、 それについて書かれた本も読みたくなるもの。 で、こんな2冊を買いました。 『 AOR AGE 』 の方はすでに手に取られた方も 多いことと思います。 いわゆるディス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まさかの復刊

今、巷で(というより自分の周辺のマニアな人たちの間で) 話題の一冊。 自分も90年刊の文庫版【写真右】を持っているにも かかわらず買ってしまいました。 30数年前の東京や若者文化を振り返る資料にも もちろんなり得ますが、やは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more