テーマ:読書

或る俳優の人生

ネットにかまける時間が多くなり、 活字を読むことも減った近年ですが。 お客様からお借りして、久しブリに 「読書」しました。 萩原健一の自叙伝(といっていいのでしょうか)、 08年に出た『ショーケン』という本です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なんとなく、クリスタル

実はちゃんと読んだことが なくて。 図書館にたまたまあった ので借りてきました。 ふーん、これが。 本文と並行して夥しい量の 脚注がついてるのが特徴。 面倒臭いのでそれらを全部すっ飛ばし、ストーリーだけ追っていったら 2時間くらいで読み終えてしまいました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

フライを落とした野手はなぜ空を見上げるのか?

というタイトルの本を頂戴 しました。 活字ばかりの本は久しブリ です・・・ 【写真】の表紙にあるように、 「野球人が書いた  わかりやすい企業防衛と  M&Aの本」。 著者の保科充弘氏は高校の軟式、大学の準硬式野球部でのプレー経験を持ち、 その後銀行勤務を経て、現在はM&Aアドバイザーとして…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

裏切れない・・・! あの連中だけは・・・!

破戒録完結。 自身と仲間達の解放を賭けて 1000倍パチンコ「沼」に挑んだ カイジ。 自らの細工とそれに対抗する 一条の操作で台が奥に傾斜 し、ハズレ穴の中の玉が排出 されずに溜まっていることに 気付きます。 この状態で打ち続ければ玉は 塞がっているハズレ穴に落ちず、 溢れかえった玉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見放されたか・・・・?! 運・・・ ツキに・・・・・・!

意外に長いパチンコ篇。 自身と仲間達の地下からの 解放を賭け、1000倍台「沼」 に挑むカイジ。 台の構造を研究、十重二十重 の策略を仕掛け、果ては傾斜 によって玉が入りやすくなる よう、カジノのビルそのものを 地盤沈下を利用して傾けると いう荒業まで用いて最後の 勝負に臨みます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

汚ねえぞ、K談社!!

春の嵐?が吹き荒れる 土曜の午後。 『破戒録カイジ』も次号で 完結だな、と巻末を見る と・・・ 新たなる誘惑が! 以下原文ママ。 “無頼伝 涯(GAI )” 『カイジ』シリーズの 福本伸行 渾身の意欲作!! 完全孤立・孤独な少年が絶望からの大脱出を企む!! 待ち受けるのは“…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

一条・・・・・勝てよ・・・・! 生きる為に・・・・!

自由獲得の為、1000倍台 パチンコ「沼」の攻略に 賭けるカイジ。 相棒坂崎の惨敗後も カジノに日参、何とかヒント を掴もうとする中、近所の ビル工事現場でカイジに ある閃きが宿ります。 この大掛かりな作戦を実行 するには、資本と人手が 必要。それを調達できる パートナーとしてカイジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わしは今・・・・・・臆病なんだ・・・・・・・・失うことに・・・・!

カイジ、新たな展開へ。 地下チンチロで大勝した カイジは、45組の仲間達の 勝ち分をも託され、80万円 の現金を手に20日間の地上 外出権を獲得しました。 限られた日数で合計6人の 借金を返済し地下労働施設 からの脱出を果たすだけの 大金を得るには、非合法の ギャンブルで大勝するしか …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

獲得する・・・! 必ず・・・・・・・・・自由をっ・・・!

地下からの脱出を目指す チンチロ勝負の続きです。 三好がとり続けた出目のメモ から、班長のイカサマとその カラクリを看破したカイジ。 45組の仲間と共に結束し、 前借り生活を終えて正規の 給料を得ることを目標に 忍従の日々を送ります。 狙いは6人全員の給料を まとめて張り、班長に大勝負 を挑んで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ああ・・・・・・・・それにしても金が欲しいっ・・・・・・・・・・!!

やはり終わりませんでした。 『黙示録』最終巻の巻末に 次号発売の予告が載って おらず、アンコール刊行は ここまでかと思いましたが、 この度第2部『破戒録』の 1巻も目出度く発売。 まだしばらくはお楽しみ が続きます。 帝愛グループ会長・兵藤との 直接対決に敗れたカイジは 多額の借金を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

命はもっと・・・粗末に扱うべきなのだっ・・・・・・!

カイジ第1部、 『賭博黙示録』完結。 Eカード11戦、イカサマの からくりを見破ったカイジは 文字通り「捨て身」の反撃 で利根川に一矢を報い ました。 続く最終12戦、今度は 自らが罠を仕掛ける形で 利根川を撃破、2000万の 大金を手にします。 そして部下の失敗を決して許さない会長…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

焼かれろっ・・・・・・・・!地獄で・・・・・・・!

今、これを読み続けるため だけに生きております。 『カイジ』アンコール刊行 第5巻、出ました。 今回は編集の都合上か ページ増で価格もアップ。 分厚くて読み辛い・・・ 唯一人、電流鉄骨の橋を 渡りきったカイジ。 しかし利根川は、その途中で カイジが他の参加者の身を 案じ「切れっ、電流…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人は勝たなきゃ嘘だ・・・・!

この話題には興味のない方 も多いと思うが・・・ 続けます(爆 借金返済のための人間競馬 レースを何とか持ちこたえた カイジたち。 しかし最終的に金を手に 入れるにはさらに非人間的 な関門が設定されていた。 高層ホテルの建物と建物の間に渡された25メートルの鉄骨、しかも そこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金は命より重い・・・・!

最近一番のお楽しみ。 『賭博黙示録カイジ』の アンコール刊行、第3巻が 発売中です。 うっかり知人の借金の 保証人になってしまった ため窮地に陥ったカイジ。 取立て人の金融ヤクザ・ 遠藤の口車に乗せられ、 豪華客船エスポワールで 開かれる一夜限りの ギャンブルクルーズに参加 するこ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

本当の人間関係って何…? ククク… 何それ…?

予定通り17日に購入。 この第2巻でギャンブル船 「エスポワール」での闘い は決着するわけですが。 しかしまぁここで描かれる 人間模様の醜さときた 日にゃ・・・ マジで人間不信になり ます。 でもそれは真理でもあると思いますね。 ホント上辺だけの、普段親しいつもりでいる…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Fuck You ぶち殺すぞ…ゴミめら…!

買っちまった・・・ ついうっかり・・・ コンビニで こんなもん・・・! ダメっ・・・ これはダメっ・・・ 浪費・・・ 圧倒的無駄遣いっ・・・! しかも十月十七日・・・ すかさず発売しやがる・・・ 第二巻っっ・・・!! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近の読書・4

この一冊は「極めつけ」 です。 野球関連ノンフィクション は数あれど、ここまで 感動させられる本は そうはありません。 甲子園への遺言―伝説の打撃コーチ高畠導宏の生涯  (門田隆将 ’05 講談社) 本書の主人公・高畠はアマチュアの強打者として鳴らし、南海(現ソフトバンク) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近の読書・3

いよいよオープン戦も スタート。 早くもスカパーで観戦 している怪鳥・・・ てなわけで今回も野球本 ばかり4冊。 ■球界地図を変えた男・根本陸夫  (浜田昭八・田坂貢二 ’01 日経ビジネス文庫)  この分野ではおなじみ、浜田氏の共著。今で言うGMとしてライオンズ、  ホ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

最近の読書・2

「現実の野球」がいろいろな 意味で面白くないので (わかるね?笑)書物の世界 に逃避気味。 今回は3冊を手に取った。 ●近鉄球団、かく戦えり。 / 浜田昭八 ’05・日経ビジネス人文庫   著者は日本経済新聞の野球記者を長く務め、現在はフリー。   オリックスとの合併で消滅した近鉄バファ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

最近の読書1

野球シーズンも完全に終了。 営業中ヒマなときには(そんな 時間はない方がいいのだが) 近所の図書館で借りた本 なんぞを読んでいる。 ま、娯楽書ばかりだが。 そんな中からときどきご紹介でもしてみるか、ということで。 ジャンルが極端に偏るのはお許し願いたい。 ●打撃の神髄 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more