あんたこの “失われていない10年” をどう思う


SNS内某所で、ちょっと面白い呼びかけがありました。


2020年代、新しいディケイドに入ったことを踏まえ、
過去10年(2010年代)で印象に残ったAOR作品を
5枚以内で挙げてみようというもの。


このお題を自分も考えてみたのですが、
80→90→2000年代の流れと違い、そこから後は
あまり10年の区切りを意識していなかったので、
00年代と10年代がごちゃ混ぜになってしまっている
部分があり、対象アルバムを絞るだけでちょっとした
作業になってしまいました。


で、結果としましては以下の5タイトルに。
この中での順位付けはしていません。

♪ Cool Uncle / Bobby Caldwell & Jack Splash(’15)
 ベテランと新世代の融合が奏功、新鮮さをまといながらも
 やり過ぎに走ることなく、Bobbyにとっては理想的な
 リフレッシュになったのでは。願わくばこのコラボレーションで
 もう1枚くらいお願いしたいところ。

♪ The Music In My Mind / Michael Franks (’18)
 近年は寡作になり、7年ブリに届いた待望の1枚。
 変わらないどころかメジャーデビュー当時の作風に回帰した
 感もあり、それが後ろ向きに受け取られずむしろ歓迎される
 という稀有な存在。どうか来日を…

♪ Now XXXVI / Chicago(’14)
 企画作品が続いた後、純粋なオリジナルアルバムとしては
 06年以来となった力作。こちらも70年代的なムードが随所に
 窺え、そういう意味ではAOR<アメリカン・ロックな部分も
 あるのですが、久々に本気を出してくれたことに敬意を表して。

♪ AM Waves / Young Gun Silver Fox (’18)
 母体にあたる(?)Mama's Gunは実は未チェックながら、
 そこから派生したYGSFとしてのこの2作目はかなり
 ソフト&スムースなサウンド。いい意味でAORの枠に収まらず
 70年代アメリカのポップ・ロックを想起させるノスタルジーが
 漂っているところが魅力です。

♪ Time To Decide / Al Sunny (’17)
 上記のYGSFよりさらにユルく、まさにヨットロックの旗手の
 ようなポジションに一気に躍り出たフランス(!)のユニット。
 モロにBruno Marsのような80s風ダンスチューンもあり、
 まとまりでは次作の『Planets』(’19)かもしれませんが、
 ファーストインプレッションのインパクトを買ってこちらを。


アレやアレは入らないの?などいろいろご意見もおありでしょうが、
10年間の中で5枚を選ぶというのはなかなか難しいですね。
昔と比べ最近の作品は…とつい思いがちですが、こうして見れば
10年代もけっこう楽しませてくれました。


これからの20年代も、良い作品との出会いがありますように。


この後のBreezin' 、2/11の祝日は通常営業です。
よろしくお願い致します。

P1000919.jpg
 


"あんたこの “失われていない10年” をどう思う" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント