あんたこの70代をどう思う


約11ヶ月ブリのブルーノート東京。


昨年12月初旬のDavid Foster以来、そしてライヴに行くのも
たぶんそれ以来=今年初か?
まぁ以前とは状況も変わり、日曜といっても自由の利かない日が
多くなっています。


それはさておき、ジョイントでの来日は15年ブリとなるらしい
この2組を観てきました。

P1000769.jpg

序盤、Azymuth3人のみで聴かせる3曲ですでに桃源郷。
そこから満を持してMarcos Valleが登場、女性ヴォーカルと
トランペットも加わるとアップテンポのナンバーも増え、
今どきのブギー風味も交えたブラジリアン・グルーヴの
洪水状態に。あの〈 Fly Over The Horizon 〉とMarcosの
ナンバー(曲名何だっけ)をライヴでマッシュアップする
という荒業も飛び出し、息の合ったところを披露して
くれました。


Azymuthの生え抜き2人とMarcosはとっくにOver70のはず
ですが、それを感じさせない力強く若々しい歌と演奏に
感嘆させられます。1stステージだったのでアンコールなしは
少々残念でしたが、内容自体は濃密でした。
客席のそこかしこに知った顔、懐かしい再会もありで
秋の宵に相応しい約80分を堪能した次第。

*************************

さて、せっかく東京くんだりまで遠征したのに
用件1つではもったいない。
まだ時間も早いので青山から四谷へ移動し、
ライヴバーBLUE HEATに出演のAORカヴァーバンド
『Lost & Found』さんの演奏を途中から拝見。

P1000771.jpg

メンバーに旧知の方数名、そのつながりで客席にも
過去お会いしたお顔がちらほらと。いい意味で内輪な
雰囲気で進行します。
Bobby Caldwell、Michael Franks、Michael McDonald等
のメジャーどころや、ジャジーなRickie Lee Jones、
21世紀組からはOle Borud、などなど。
演奏のレベルや安定感に加えシンガーさんが男女3名、
サックスもフィーチュアされて、幅広い選曲で
楽しませてくれました。


冒頭に書いたようなこちらの事情で、音楽仲間の
皆さんには不義理を重ねてしまってますが、
たま~の顔出しを笑顔で迎えていただくと
こちらも嬉しいもの。またタイミング合えば、ね。

********************

さて早いもので今週末はもう11月。
新たなおすすめアイテムなどもご用意して
皆様をお迎え致します。
今週もご来店をお待ちしております。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント