あんたこの止めないカメラをどう思う


今や年中行事。



ベイスターズの1シーズンを密着撮影したドキュメント映画、
『FOR REAL』が今年も公開され、さっそく足を運びました。
桜木町はコレットマーレ6Fのブルク13、初日とはいえ
平日午前中とあってゆったり観覧。少し早起きになりますが
これが出来るのが自営業の特権。

画像











DeNA球団となって以来、ほぼ毎オフに制作、公開されており、
これまでは壊滅状態だったチームが徐々に(本当に少しずつ
ですが)再生され、上昇していく過程が描かれ、超スローペースの
サクセスストーリー(それもまだ途上)として成立していましたが…



今季は順位を一つ落としCS出場もならず。
成長曲線が一時停止してしまったわけで、こんなシーズンを
映画の題材に出来るのか?と思いつつ観てみると。



なるほど、期待を裏切り、当事者たちも「こんなはずでは」と
悩み苦しむ様にフォーカスし、制作サイドが自ら

『最も重苦しく最も息苦しい』

と表現してそこを “売り” にしてしまう。
やりますな(笑)



春季キャンプに始まり、半年にわたるペナントレース、そして
終戦、秋季キャンプまで、マスコミが入れないダグアウト奥、
ロッカールームまでカメラが追い、時に感情を露わにする選手、
コーチ、監督、チーム関係者の姿をシューティングする手法は
従来と同様ながら、「これまでと異なるシーズン」だっただけに、
「これまでと異なる一篇」に仕上がりました。
これからご覧になる方々のために詳細は控えておきましょう。




しかし2年連続Bクラスともなれば、もう「同じ手」は使えません。
こういう雌伏の時を経て栄冠をつかんだ、というエンディングを
迎えられるよう、ファンは期待してますよ。



16時、18時、19時あたりの回で観るとちょうど終わった頃が
飲みタイムになりますね。
重い映画の後は、是非野毛で一杯どうぞ。
週末、皆様のご来店をお待ちしております^^



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック