あんたこの「ひととき」をどう思う


本当に多いです。



花盛りと呼べるくらいに。



いま、自分の周りではDJイヴェントのオンパレード。
守備範囲であるAORやソウルミュージック関連、それも友人知人が
関わっているものだけで5つや6つは定期的に開催されています。
アナログレコードの復権ともリンクした事象と言えるでしょうか。



その性質上、金土開催のケースが多く、ほとんどのものに
足を運べていませんでしたが、珍しく日曜、それもお昼過ぎ
スタートのイヴェントがあると知り、昨日お邪魔してきました。



東横線祐天寺駅からすぐの場所にある
music bar & studio ATP. さんにて行われたその名も
「メロウなひととき」。
新宿でスタートしたものが場所を移転して継続され、
今回で2周年を迎えたそうです。

画像











逆光で見えにくくなってますが、この写真はまだ前半。
開始直前に自分が入店したときには数人しかおらず、
「あれ、こんだけ?」という感じだったのが、2時間ほどで
こういう具合になり、最終盤にはスタンディング中心で
かなりの入りで賑わっていました。
13時から6時間の長丁場につき、DJ諸氏もお客さんも
自分の出番や都合にあわせて来たり帰ったりするわけで、
そのユルさも日曜の昼下がりに相応しい空気感。



音楽のジャンルとしては、いちおう「メロウ」と銘打たれた
イヴェントながら、実態はかなり自由度高し。
まぁとんでもないものは出て来ませんでしたが、
各DJ氏の趣味を反映して洋楽AORから和モノ、アイドル、
ブギー、ソウルジャズなど、割りと何でもアリ。
回す人も皆さんアマチュアなので、技を競ったり「繋ぎ」に
神経をとがらすような雰囲気は皆無、そういう意味では
初心者リスナーも気軽に参加できる場でした。



知った顔もあまりいない中、ぶらっとお邪魔しましたが
意外に共通の知り合いがいたり、かけた曲の話題で
いろいろお話できたり、ブリに来ていただいた方も
おられたりで(元工作員も発見)、酔いも手伝い、
時間が経つにつれ場になじんでいくのを実感。



窓から見える曇り空が次第に暮れ、暗闇に変わってゆく
景色の変化も心地良く、それでいて解散が早いので
その後も時間の余裕はじゅうぶん。
大人に優しいスケジュールでありました(笑)



というわけで疲れを残さず充電完了。
また一週間の営業です。
今週もよろしくお願い致します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック