一筆啓上 特濃マニアが見えた


最近、自分の周りでいわゆるDJイヴェントが盛んです。



プロではなく音楽業界人さんやリスナーさん、
果てはミュージシャンの方までもがスピンして、
いい意味で仲間うちで楽しむ軽いノリのもの。
ジャンルもAOR、ソウル、和モノといろいろあり、
「回す」魅力に憑りつかれている方も増えているご様子。



そのほとんどは金・土か祝日前の日曜、要は休前日の
開催なので、仕事と重なる自分はまず参加できません。
金曜夜とか絶対ムリ。



そんな中、昨日の3連休最終日という(こちらには)有難い日に
開かれたAOR DJイヴェントにお邪魔してきました。

画像




















画像











その道の大家、中田利樹さんが要町のソウルバー
「Philly's」さんを舞台になんとワンマン5時間。
スタートから1時間がレア曲タイムで、以降は定番をまじえた
構成になるとのこと、こりゃ最初から観るしかないと意気込み
開店準備中に到着してしまいました。



ほぼ定刻にスタート、最初のパートは見たことも聴いたことも
ない音源のつるべ打ち。

●デビューアルバムの前にAristaに残されたジョン・オバニオンの
  シングル盤

●ハロルド・フォルターメイヤーがジョー・ピズーロをfeat. した
  バルセロナ・オリンピックの非公式?テーマソング

●Geffen作と「ダーティ・ダンシング」サントラの間(’86)に存在
  したエリック・カルメン謎のシングル盤

●キングレコードからひっそり出ていたバカラック・トリビュートの
  日本盤CD。クリクロやロビー・デュプリー参加

●ニック・デ・カロの弟の奥さん(義妹)のアルバムCD

●ちょっと珍しい、女性シンガーだけによるAORコンピCD。
  カーリー・サイモンやキャロル・キングといった「周辺の人」も含む

●作詞家アリー・ウィリスの、自作曲リメイク集
  (これは中田さんの本に載ってたかな)

あまりにいろいろありすぎて後は忘れました^^;
飲んでたし、メモもとってなかったので。
いやぁすげえなといったところですが、考えてみれば中田さんは
そっちのプロ。仕事の資料としてもこうしたレア音源は多数
お持ちなのでしょう。
その後はヒット曲、メジャーなアーティストもバンバンかかり
みんなにやさしい内容に(笑)



Breezin' のお客さんをお誘いしてお付き合いいただいたところ、
現地でも音楽つながりのFBFさんとバッタリ初対面、
さらには「前にBreezin' 行きましたよ」という若者とも再会。
いろいろ会話を楽しむこともできました。
イヴェントの最後までしっかり楽しみ、気が付きゃ終電。
あぶねぇあぶねぇ…



休み明け、雨シトシトでいよいよ秋深まる感のある横浜。
店主はもう少し半袖で頑張り、皆様をお待ちしております。
今週もBreezin' をよろしくお願い致します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック