AORバー店主の優雅な日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017前半戦観戦記録をどうぞ

<<   作成日時 : 2017/07/26 14:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


オールスターブレイクの間にアップするつもりが、
ちょっと遅くなってしまいました。



毎年恒例、長い独り言です。



4月

 4/2(日)●4-x8 S(神宮・デ)
 今季初観戦はビジターから。プロ初登板初先発のドラ1ルーキー
 濱口は味方の守りに足を引っ張られる不運も含め、5回4失点
 (自責2)で降板。途中まで点の取り合いが6回以降膠着して
 延長に突入し、最後は代打鵜久森の満塁弾を浴びてサヨナラ負け。
 田中健、須田のリリーフ陣が誤算。


 4/4(火)●2-5 G(ナ)
 毎年恒例、仕事を休んでホーム開幕に参戦。
 菅野と互角の投げ合いを見せた今永が同点の7回途中に
 足が攣って降板の不運、その後またしても三上、田中と
 リリーフが失点を重ね今後に不安を残す。


 4/15(土)●2-7 S(デ)
 登板3試合目となる開幕投手の石田が3回まで毎回の5失点
 という誤算。特に相手投手の小川に2点タイムリーを浴びた
 のが痛かった。4〜6回を無失点と立て直すも、9回に田中が
 ダメ押し点を奪われ完敗。見所に乏しい試合。


 4/16(日)○6-3 S(デ)
 先発の新外国人クラインが球数を要しながらも何とか6回
 途中まで3失点でしのぎ、4回裏には自ら逆転の2点タイムリー、
 これは前日のお返し。あとは須田〜山崎〜三上〜パットンの
 リレーが決まって終盤は危なげなし。自身観戦4試合目にして
 今季初勝利。


 4/22(土)○11-4 D(デ)
 毎年6月だったガールズデーが4月に開催され、この日は
 その2日目。戸柱、桑原、梶谷の一発攻勢を含む13安打
 11得点の猛攻で今季一番の楽勝。石田が6回3失点で
 お待たせの初白星も、点差を考えればもう少し長く投げて
 もらいたかったところ。


 4/29(土)●1-6C(デ)
 先発今永が初球ヒット、2球目に一発を浴び、開始2球で
 2点を失う最悪のスタート。その後も相手のHR攻勢に
 遭う一方、打線は連打が出ず散発の6安打1点に抑えられ
 完敗。この日もほとんど見るべきところはなかった。

 (4月/2勝4敗)


5月

 5/6(土)○6x-5S(デ)
 またしても今永が立ち上がりにつまずき、初回山田の
 2ランで先制を許す。その後7回に須田、田中健のコンビ
 が3点を追加され苦しい展開。それでも8回に梶谷の
 満塁弾などで一気に追いつくと延長11回、途中出場の
 柴田が見事自身初のサヨナラ打で劇的勝利。


 5/20(土)○6-4G(デ)
 初回ロペスの2ランで先制も、先発クラインが不安定で
 2回にタイムリー3本の4失点。それでも5回、6回と下位
 打線からチャンスを作り、この2イニングで4点を挙げ
 逆転に成功、そのまま逃げ切る。6回加賀、7回パットン、
 8回三上のパーフェクトリリーフも貢献度大。


 5/21(日)●0-4G(デ)
 この日も今永がピリッとせず、立岡、石川、中井ら中軸
 以外の打者に痛打され6回4失点。打線も相手先発田口
 の好投の前になかなかチャンスを作れず、終わってみれば
 6安打で完封を許した。筒香は体調面で先発を外れ、
 最後まで出番なし。

 (5月/2勝1敗)



6月

 6/3(土)●3-7H(デ)
 鬼門の交流戦に突入。先発平良が初回いきなりデスパイネ
 に3ラン。その後何とか粘るが5回柳田にソロ、9回にも砂田
 が柳田に3ランと一発攻勢に沈む。攻撃面では途中1点差に
 追い上げるのが精一杯で、ホークス松本裕にプロ初勝利を
 献上した。


 6/4(日)○5-3H(デ)
 今季好調の千賀から初回、ロペスの2ランで幸先良く先制。
 3回まで無失点の今永は4回、松田に逆転の3ランを喰らうが
 その後追加点を許さず6回3失点。6回裏、相手のエラーから
 チャンスを広げ戸柱が再逆転のタイムリーを放つ。戸柱は
 8回にも追加点のタイムリーで3打点。7回以降パットン、三上、
 山崎康が完璧に9人で締め、交流戦の連敗を4で止めた。


 6/17(土)○14-5Bs(デ)
 桑原のソロで先制、先発久保は逆転を許すも6回3失点で
 最低限の仕事。6回裏に戸柱の満塁弾などで5点を挙げ
 再逆転、1点差に追い上げられた7回裏には白根のプロ
 初安打にして初HRを含む7得点と、この日は打線が爆発。
 交流戦の5割以上を決めた。


 6/24(土)○5-1S(神宮・デ)
 開幕カード以来の神宮。そして今季初、さらには数年ブリ
 となる外野での観戦。初回に戸柱タイムリーで先制、その後
 5回にロペス2ラン、6回宮崎ソロと小刻みに加点。先発石田
 が球数を要しながらも6回を無四球無失点と好投し、故障
 明け後初、約2ヶ月ブリとなる今季2勝目。

 (6月/3勝1敗)



7月

 7/2(日)○9-1G(東京ドーム・デ)
 個人的には野球観戦でのドームは数年ブリ。
 FA移籍の山口との初対戦だったが、ロペス、筒香の一発
 などで粉砕。トータル19安打の爆勝となった。山口への
 ベイファンからのブーイング凄まじく、あれだけのものを
 聞いたのは生まれて初めてかもしれない。

 (7月/1勝0敗)


前半戦の合計は8勝6敗。
チームが貯金2で折り返しているので、まぁ順当な戦績と
いったところです。
とりあえずはAクラス確保して2位を争うという戦いの只中に
いるわけですが、今後どれだけ首位カープを脅かすことが
できるか。チーム状態が上がって来ただけに、一昨年や
昨年以上に注目の後半戦(すでにいいスタートを切りました)
となるでしょう。
後半戦の振り返りでどんな内容が書けるか?
 





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017前半戦観戦記録をどうぞ AORバー店主の優雅な日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる